審美歯科 - ウニクス秩父歯科

審美歯科

口元美しく輝く歯は誰に対しても好印象を与えます。
歯の美しさを保つ習慣を心がけましょう。

歯の美しさを損なう習慣について詳しく知りたい方はこちら

 

審美歯科とは・・・

審美歯科とは 美しさに焦点をあてた歯科治療 のことです。

審美歯科のメリットについて詳しく知りたい方はこちら


削らずに歯を白くする ホワイトニング

ホワイトニングの詳細を見る


透明感があり自然な歯の質感を再現できるオールセラミッククラウンラミネートベニア などの被せ物


オールセラミッククラウンの詳細を見る


ラミネートベニアの詳細を見る


歯肉の黒ずみ取り除くガムピーリング

ガムピーリングの詳細を見る


歯並びを短期間で美しくする審美的矯正治療

審美的矯正治療 の詳細を見る


などがあります。
歯の色や形・歯肉の色・歯並びなどトータルな口元の美を追求します。

口元が美しいと清潔感・明るさ・若さを感じさせ、人から見られる印象も大きく変わります。
近年では、年齢、性別に関係なく審美歯科治療への感心が高まっています。
当クリニックでは患者さまの希望に応じたプログラムを提案してまいります。

ページのトップへ

ホワイトニング

ホワイトニング治療例
【Before】【After】
info16-001a info16-001b

歯を白くしたいということで来院されました。
治療計画では、奥歯の金属の修復物をセラミックにかえる予定もありました。
まずは最初にホームブリーチングによるホワイトニングを実施しました。
治療期間 1 ヵ月で、かなり白くなりました。

当クリニックでは、患者さま自身がマウスピースの中に漂白ジェルを入れ、家で毎日数十分~数時間装着するホームブリーチング法を採用しています。
この方法は時間と手間がかかるというデメリットがありますが、下記のように 多くのメリット があります。

•  歯に与えるダメージが少ない

•  自分の思い通りの白さになるまで続けることができる

•  後戻りしにくい

ホワイトニングについて詳しく見る

ページのトップへ

ガムピーリング

▼ガムピーリング治療例
【Before】【After】
info16-013 info16-014

治療前の写真では、歯ぐきが黒ずんでいるのがわかります。
ガムピーリングを 1 週間ほど行い、歯ぐきがキレイなピンク色になりました。

メラニンが沈着して黒ずんだ歯肉や喫煙により紫色がかってしまった歯肉に薬を塗ってピーリングする方法です。
約 1 週間できれいなピンク色の歯肉になります。

 

ページのトップへ

白い前歯(オールセラミック・クラウン)

▼オールセラミック・クラウン治療例
【Before】【After】
info16-003 info16-004

右上(写真左)の中切歯と側切歯の間には、もともと隙間があったため、小さい歯で無理やり隙間を埋めています。
そこで、部分矯正治療により右上側切歯を中央に移動させ4本の前歯を等間隔に並べてからオールセラミッククラウンを装着しました。
歯と歯の間にあった隙間はなくなり、左右対称で、バランスの取れた自然な感じに改善されています。

オールセラミッククラウンは、最も審美的に優れた被せ物です。
金属を使用しないため透明感があり自然な歯の質感を取り戻すことが出来ます。
内側に金属を使用するメタルセラミッククラウン(メタルボンド)は、強度は優れていますが、オールセラミッククラウンに比べ透明感がなくなります。

ページのトップへ

白い奥歯(メタルセラミック・クラウン)

▼メタルセラミック・クラウン治療例
【Before】【After】
info16-015 info16-016

奥の銀歯(ブリッジ)が口を開けると見えて気になるということで、当院に来院されました。
虫歯が発生していたため、治療後に白い材料を使ってメタルセラミッククラウン(ブリッジ)を入れました。

メタルセラミッククラウン(メタルボンド)は金属のフレームにセラミックが焼き付けられています。
微妙な色を再現でき変色もしないため、前歯から奥歯まで非常によく使用されます。
強度にも優れているので奥歯やブリッジにも安心して使用できます。

ページのトップへ

ハイブリットセラミック・インレー

▼ハイブリッドセラミック・インレー治療例
【Before】【After】
info16-007 info16-008

奥歯の虫歯を取り除いた後に詰める金属は、口を開けて笑ったときなどに目立ってしまうものです。
ハイブリッド素材を使用することで、自然な感じに仕上がります。

ページのトップへ

ラミネート・ベニア

▼ラミネート・ベニア図解
info16-009 info16-010

歯のエナメル質の表層を少しだけ削って、薄いセラミックのシェルを貼りつけます。 ほとんどの場合、治療回数は 2 回で終わります。
セラミックを貼りつけることで、歯の形や色に関する繊細なリクエストにも対応が可能です。

歯を削る量が少なくてすみ、神経のある歯で色がくすんでいたり、すきっ歯や歯の一部が欠けていたりする場合に有効な治療法です。

ページのトップへ